インプラント治療のメリットとデメリット

インプラント治療は、失ってしまった歯の機能を補う方法のひとつです。
失ってしまった自分の歯の代わりに、人口の歯根を顎の骨に埋め込み、その上から人口の歯を被せることで、以前と同じようにものを噛むことができるようになります。


このインプラント治療のメリットは、しっかりと顎の骨に埋め込むので、ずれる心配がなく、歯を使っていて違和感を感じることがないという点です。


堅いものを噛むときに、ぐらぐら揺れてしまうとストレスになりかねませんが、そういった心配はありません。また、固定されていることによって、顎や他の部位に負担をかける心配がないのもインプラント治療のメリットのひとつです。

ブリッジ治療などでは、失った部分の隣にある健康な歯を削る必要がありますが、インプラント治療では、健康な歯を削ることなく治療をすることができます。


歯の被せ物の下で固定しているため、見た目には普通の歯にしか見えないので、見た目の違和感がないのも特徴です。

デメリットとしては、治療期間が長いという点が挙げられます。



人口の歯根を顎の骨に定着させるのに、早くても3ヶ月、遅ければ6ヶ月ほどかかります。



また、インプラントを維持するためには、口の中を清潔に保つことが大切になってきます。



そのため、治療が終わった後も定期的な検診が必要になります。

体に与える負荷はほとんどなく、健康な歯と同じようにものを食べることができるようになるので、時間がかかってもよいという人には非常におすすめな治療法です。